Blog

Scene Tamariva ! 2011/5

rss

5/8 VS関東学院 24-12で快勝!

投稿日時:2011/05/08(日) 22:48

5月8日 神奈川県相模原市 麻溝競技場で行われた神奈川タマリバクラブ対関東学院、
同じ神奈川県に所属する両チームのフレンドリーマッチ。
この試合は、麻溝競技場のバックスタンドの完成記念のこけら落としとして、有料試合で行われた。

ちびっこやその父兄様、約200名の視線が注がれる中、快晴の空の下で、
タマリバン達は躍動し、そして勝利を飾った。

春シーズン、スタートしたばかりの中、今シーズンを占う試金石となる試合だった。
新戦力も多くチームとしてはまだまだ未完成の状態ではあったが、タマリバらしさ
が随所に見られ、秋のシーズンに向けてとても期待できるゲーム内容となった。


  完成したばかりのバックスタンド。設備も充実しており、素晴らしいスタジアムでした。


   この試合に花を添えてくれたのは、神奈川県ラグビースクールのちびっこたち。
            選手入場を花道を作って迎えてくれました。



試合は前半風上を選択したタマリバが序盤にペースをつかむ。関東学院陣内にくぎ付けする時間帯が続くが、
関東学院も粘りのディフェンスを見せ、なかなかスコアを許さず、息の抜けない展開が20分間続いた。


   
ラインアウトは終始プレッシャーをかけ、相手のミスを誘い、チャンスメイクした。


均衡が破れたのは、前半25分。連続攻撃から敵陣ゴール前10mで、SHから直接パスを受けた
新戦力の№8前田が、力強く突破一気にインゴールまでボールを運びトライ。(5-0)

続けて前半30分。タマリバはディフェンスから、関東学院BK陣にプレッシャーをかけ続け、
ミスを誘発し、ハーフライン近くから、ディフェンスをしながらゲインを繰り返す。
最後はWTBでスタメン出場の野木が、相手のミスボールを拾い上げ、独走トライ。
ディフェンスから一気にトライ、というタマリバの理想とするトライを挙げた。(12-0)

前半終了。




          №8の前田(右から2番目)は、攻守で好プレーを見せた。



           スクラムは、やや安定さに欠け、課題を残した。


後半開始早々、関東学院が息を吹き返す。
3分、5分と立て続けにトライを上げ、一気に同点とされる。(12-12)
体格に勝る関東学院が、その体格を生かし、強引にペネトレイトを仕掛けてくるが、
これに対し、一瞬のスキを作ってしまった。
前半は一度もなかったロングゲインを何度も許し、劣勢に立たされた。

しかし、今日のタマリバは、この劣勢から見事に立て直した。
羽田の激しいタックル、横谷のブレイクダウンでのファイト、飛野のスピードあふれる縦への突破。
今のタマリバを背負って立つキープレーヤーたちの闘志あふれるプレーが、
風下に立った不利をものともせず、徐々にタマリバへ流れを取り戻していった。

そんな中で生まれたトライは、後半20分。関東学院陣ゴール前10mのスクラムから、
新戦力SH金沢 → 新戦力SO出村 → 野木 → 飛野 とつなぎ、相手に触れさせることなく、
鮮やかにトライを奪った。(19-12)


       後半から出場のSH金沢とWTB野木でコンビネーションの確認。


続けて後半30分、連続攻撃で関東陣内深く攻め込むと、ゴール前の密集から、最後はSH金沢が
ゴールに飛び込みトライ。(24-12) これで勝負を決定づけた。

前半から流れをつかみ、後半途切れかけた流れを取り戻し、最後までタマリバのペースで戦うことが
できたこの試合。これから春シーズン対外試合を積み重ねていく中で、このような緊張感のある
ゲームができたことはタマリバにとって大きな自信となり、今後のチームの成長の好材料になるだろう。


          健闘を讃えエールを交換する両チームのフィフティーン。


来週、5/15(日)は、芦屋クラブとの交流試合。
ここでも、タマリバらしい試合を見せて欲しい。


















5/5 神奈川県セブンス講習会

投稿日時:2011/05/05(木) 23:18


             今日は5月5日子どもの日。
             保土ヶ谷ラグビー場に集まった100人以上の中学生と高校生たち。

             7人制ラグビーの講習会を開催しました。
             神奈川県協会の皆様方、横浜市体育局の皆様のご協力のもと、
             多くの生徒たちに参加いただき盛況なまま終了することができました。

             タマリバが誇るセブンスチームのメンバーを中心に、
             セブンスラグビーの基本となる1対1の練習などを通じて
             その独特な間合いの取り方を学んでいただけたと思います。

             最後は、試合形式の練習も行い、男子対女子の対戦の実現も。
             なかなか見どころたくさんの充実した講習会となりました。

             今後もこのような活動を続けて、セブンスラグビーの、神奈川県ラグビーの
             発展に貢献していきたいと思います。

             そして今日の生徒たちから、2016年のオリンピック、2019年のW杯に
             出場するような選手が育って欲しい!切に願います。

           
    最初の挨拶は富野ヘッドコーチ。7人制ラグビーと15人制ラグビーの違いを楽しくわかりやすく解説してもらいました。

           
            中学校の教員免許を取得したとは思えないほど、たどたどしいしゃべりの鈴木選手(中)
                  見るに見かねてすかさず助け船を出す石橋主務(左)と高村選手(右)

           
             優しい表情の富田副将。彼にとってはこのような講習会は初体験。これからもよろしく。


           
                ボールを持っているのは、養護学校の教員を務めている松岡選手。
         さすがに慣れたもので、うまく加来選手(左)と石川選手(右)を使いながらわかりやすく説明をする。

           
                  こちらもボールを持つのは早大で長年コーチの経験のある羽生選手。
                     慣れたもので15人の生徒たちを一人で指導していました。

           
                  そしてこちらも、早大学院でコーチ経験のある小山選手。
                    少しずつ、でも着実に生徒たちは上達していました。

           
                    おっと。富田選手が抜かれそうになっているのは女子選手。
                  本日参加してくれた女子選手たちは20名。とてもレベルが高い。
                 それもそのはず。セブンス専門チームで週に4回の練習を行っている。
 
       


           
           この女性はなんと日本代表選手。きっと松岡選手が指導をしてもらっているのでしょう・・・。


           

 
           これからも、タマリバクラブによるパートナーズクラブセブンスアカデミーの活動は続いていきます。
           今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします!



           クラブにしかできないことがある。