Topics

【試合結果】 東日本クラブ選手権1回戦 vs スーパーマン

2016/09/25

昨日までの曇天続きから一転。暑いくらいの快晴。
待ちに待った太陽が昇り、ジリジリした日差しが降り注ぐ。

東日本クラブ選手権が開幕!
先週までのTCLリーグ戦は小休止。
ここから先は負けたら終わりのトーナメント。
全国大会出場も懸かる一発勝負が続く。

会場はコンディション最高の熊谷Bグラウンド。
相手は東京第3代表のスーパーマン。
これまでの対戦は無く、全くデータ無し。
東京都Division1を勝ち上がり、TCL勢に一泡吹かせようと
意気上がる。

12:00キックオフ。
今日のタマリバはメンバーの『本職』が戻り安定感が復活。
FW第3列FL安部・小橋川、No.8竹山の
ブ厚いフォローランでDFを切り崩しにかかる。

前半4分FL安部がトライ。
タマリバはセブンズでも活躍するCTB竹山・羽生、
FB畑らが、自陣からのラン、クイックスローで縦横無尽に
走り回り、スーパーマンDFを攪乱していく。

試合前「俺達はチャレンジャーだ!」と叫んでいた
スーパーマンも必死のDFを見せ、食らいついてくる。
ある意味、前半は「試合」になっていた。

それでも16分WTB山岡、22分FL安部、34分FL小橋川と、
きっちりとトライを積み上げていった。


4トライを挙げMOMを獲得!WTB山岡

前半のタマリバのプレーはまさに「ボディーブロー」。
スタミナの落ちたスーパーマンに対し、
後半2分からはタマリバのトライショー。
後半だけで10トライを奪い、一気に試合を決めた。

最終スコア96-5

点数では完勝。
しかし、この試合で得たものは今シーズン初の「勝利」と
いうことだけ。
むしろ次戦以降の課題が浮き彫りになった、ということを
この場に居た全てのタマリバンが認識したはずだ。


ダブルタックル!FL菱川とSH西田

次の相手は東京第2代表・駒場WMM。
先週のTCLで敗れた相手へのリベンジの機会に恵まれた。
駒場とは昨年の同大会でも対戦し完勝。
その後のチームの成熟への基点となった。

負ければ終わりのサバイバルマッチ。
「生き残る!」思いを強く持ったほうが勝つ!


度重なるラインブレイクから2トライ!LO近藤
 

アーカイブ

週間カレンダー

17(月)
18(火)
19(水)
20(木)
21(金)
22(土)
23(日)

カレンダー

 2019年    |    6月 
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォトギャラリー

カテゴリ