Topics

【試合結果】 全国クラブ大会決勝 vs 北海道バーバリアンズ

2016/02/23

2月21日(日)埼玉県営熊谷ラグビー場にて、
全国クラブ大会決勝 vs 北海道バーバリアンズが行われました。

                   15 ー 7   
神奈川タマリバクラブ 41         14 北海道バーバリアンズ
                   26 ー 7


2連覇。今シーズンの苦しさ、紆余曲折が安部主将の涙に現れていた。...


試合後、歓喜の涙。ミスタータマリバ安部主将


公式戦で4敗、うち北海道バーバリアンズには2敗していた。
「今シーズンはムラがあったけど、最後にベストゲームをしよう。
俺たちには北海道に50点とる力がある」と安部主将は前日、言った。


先制トライを決めた、WTB畑


試合は強烈な風が吹く環境の熊谷で実施。
前半風上に立ち陣地を有利に進めるが崩しきれず、
またセットプレーも劣勢で得点が伸びなかったが、
相手のミスへの反応とPGで加点し、前半を15-7で終える。


体躯を活かした力強いDFを見せるLO野口


いぶし銀のパス!攻守に奮闘したCTB遠藤
 

後半は風下。前半の相手のキックが全く前に飛ばない状況を見て、
陣地をとるキックを使わないことに決める。
陣地は1鈴木、8安部など多くのラインブレイクによって互角に渡り合い、
後半の最初の20分はスコアが動かない我慢比べ。


大きな流れを引き寄せた、No.8安部主将のトライ!

アタックのボディブローで少しずつフィットネスで優位に立ち始めたとき、
12竹山がトイメンの五輪代表候補ロテをステップで抜き去り
フォローした8安部がトライし22-8に差が開く。


後半から投入され、好タックルを連発したLO松丸副将


ついに覚醒!?フィールドを駆け回ったPR鈴木
 

ここで残り10分強。みんなで集まり、
「ここでいつも息の根を止めないからやられてきた。攻めよう」
とアクセルをさらに踏みトライを重ね41-14で試合終了。


北海道BBの息の根を止めた!LO井戸のトライ
 

2年連続10度目の優勝。
今年も北海道以外にもとても強い全国のライバルのおかげで、
勉強を重ねてこれました。

本年度も最も長くシーズンを戦ったチームとして、
皆様から大変多くの支えと応援を頂き、
最高の結果を得ることが出来ました。ありがとうございます。
また次年度もご支援の程よろしくお願いします。

マンオブザマッチは再三のラインブレイクとディフェンスの貢献高かった1鈴木


最高の笑顔!PR岩下とSH石橋
 

1鈴木
2高橋
3小川
4野口
5井戸
6高
7小橋川
8安部
9西田
10福田
11畑
12竹山
13遠藤
14荻野
15小林

16石井
17白石
18岩下
19松丸
20石橋
21川崎
22丹羽
23高村


 

アーカイブ

週間カレンダー

18(月)
19(火)
20(水)
21(木)
22(金)
23(土)
24(日)

カレンダー

 2021年    |    1月 
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォトギャラリー

カテゴリ