Topics

全国一回戦 vs新潟アイビス戦 観戦記

2013/12/15

第21回全国クラブ大会1回戦 観戦記

神奈川タマリバクラブ 70 - 5 新潟アイビス(前半36-0)

時より強い北風の吹く熊谷ラグビー場で、全国クラブ大会1回戦が開催された。
今年度の全国大会は、昨年度からレギュレーションが変更となり、15チームによるトーナメント方式である。
トップクラブ以外のチームにも枠が広がり、日程的にも長く、チームのコンディショニングが問われる大会となる。

神奈川タマリバクラブの1回戦は、東日本トーナメントから出場の新潟アイビス。
風上を選択したタマリバは、盤石な立ち上がりを見せる。
前半早々に早い展開から攻勢を仕掛け、ペースをつかみにかかる。
それに対し、全国大会初出場の新潟アイビスも、粘りのディフェンスを見せ、ゲインを許さない。
この試合で今シーズン初めて10番を背にしたベテラン福田のゲームメイクが威力を発揮する。
相手のディフェンスが硬いと見るや、すぐさまキックを主体とした攻撃に切替え、
敵陣にあっという間に攻め込むと、ゴール前からのセットプレーからの連続攻撃で前半6分にトライを奪った。
その後も追い風を活かし、自陣に攻め込まれることもなくモール、カウンターアタック、連続攻撃と
前半だけで6トライ、トライを奪ったのは、FL小橋川、LO野口、FL川上、WTB武田、CTB羽生、WTB畑と
今季のタマリバ象徴するかのようにどこからでもトライに結び付けられる攻撃力を発揮した。
一方で、ペナルティの数は前半だけで8つとブレイクダウンで特に多く、大きな反省材料となった。

後半、風下に陣をとり12分、14分にFL小橋川、№8井戸がトライを奪うと、試合は決したが、
ここで選手たちの気が緩んだのか、途中出場のHO高家が危険なタックルでシンビンをもらうと、
一気にチームの士気が落ちてしまう。

軽率につなごうとしては、ハンドリングエラーを連発し、主将の西田も苛立ちを抑えきれなかった。
何度もチャンスを作るが何度も自らチャンスをつぶしてしまう、という時間帯が続き、
勝負こそ決してたものの、それを差し引いても目に余る大味なゲームとなってしまった。
この後もタマリバが加点し、後半も6トライを奪い、相手を1トライに抑え、スコア的には大勝となったが、
課題の残る試合内容となった。

1月12日に行われる2回戦の相手は、今シーズンの公式戦で唯一負けを喫しているRKU龍ケ崎。

3ヵ月前の借りを返すには絶好の舞台である。
全員が今一度、この日のようなミスやペナルティがないように集中力を高め、
試合に挑むことがリベンジへの最低条件だ。
 

アーカイブ

週間カレンダー

29(月)
30(火)
1(水)
2(木)
3(金)
4(土)
5(日)

カレンダー

 2021年    |    12月 
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フォトギャラリー

カテゴリ