Topics

TCL第3節 北海道バーバリアンズ戦観戦記

2013/10/08

東日本トップクラブリーグ第3節
神奈川タマリバ 35 ー 23 北海道バーバリアンズ

主将の西田は感極まって言葉をつまらせた。
「これほどまでに仲間を信頼できたことはない。」
「最高の80分だった。」と。
自信も足の痛みに耐えながら決して満足のいくプレーはできなかったが、
気持ちで凌駕し、80分間タックルをし続け、チームに勝利を呼び込んだ。

晴天に恵まれた北海道月寒競技場で、
神奈川タマリバ対北海道バーバリアンズのライバル対決が行われた
昨シーズン2敗を喫しているバーバリアンズを1番のターゲットとして、
春からトレーニングを続けてきたタマリバは、
開始直後から気迫でバーバリアンズを圧倒する。

前半早々ゴールライン間際まで攻めこまれるも、
全員が一枚岩となったディフェンスでゴールラインを譲らない。
このピンチをPGの3点のみで凌ぐと、流れを一気に呼び込んだ。

CTB小林のロングキックとハイパントで効果的にエリアをとると
敵陣深くまで攻めこむ。ゴール前で粘るバーバリアンズであったが、
タマリバの連続攻撃に対したまらずペナルティを犯す。
そのアドバンテージをもらい、SO田村がインゴールへキックパスを
試みると運も味方し、そのバウンドがWTB畑の胸に収まり、
見事な先制トライを奪った。

この日は、キックの応酬になることを予想し、チームの戦術も
キック中心に組み立て、エリアマネジメントで後手を取ることはなかった。陣地を取られなければ、勝てる自信があった。
田村、畑、小林、3人の巧みなキッカーを揃え、
常に敵陣で試合を運ぶことができたことが一番の勝因である。

先制トライから直後、再度敵陣深く入ると、HO石川の突破から、
PR岩下が見事なサポートを見せボールを受けると
そのままゴールポスト下に飛び込んだ。
このトライでチームは俄然盛り上がる。
チームを大黒柱として支える最年長41歳が、
この大一番で上げたトライに奮起しない者はいなかった。

この勢いはバーバリアンズのアタックも封じた。
CTB川崎のいぶし銀のタックル、FL川上の鋭い出足。
そして何より15人全員でのバッキング。
誰一人として足を止めることなく、ディフェンスでも優位にたった。

その後も2つのトライを重ね、タマリバのミスからトライを献上するも、
28ー10で前半を折り返した。

しかし、さすがに長年のライバルであるバーバリアンズも
このまま引き下がる気は毛頭ない。
気持ちを入れ直し後半開始直後から猛攻を仕掛けてくる。
タマリバはこれを真っ向で受け、両者一歩も譲らない時間帯が続いた。
この均衡を破ったのは、バーバリアンズ。後半11分にゴール前の
混戦から、No.8が抜け出し反撃ののろしをあげる。
続けて14分には50m近いPGを決めて10点差まで追い上げる

しかしタマリバの集中力が切れることはなかった。
そして流れを変えたのはWTB畑の狙いすましたビッグタックル。
両者一歩も譲らない状況から、相手に水を指し、仲間を鼓舞するには
十分すぎる一撃であった。

相手ゴール前のスクラムからFKをもらうと、No.8井戸が
タップキックから速攻を仕掛け、それをサポートした
主将西田が勝負を決するトライをもぎ取った。
その後も最後まで全員が勝ちへの執着心を見せ、勝利を飾った。

文字通りチームが一つとなり、今シーズンのベストゲームを演じた。
若いチームにとって、これだけのゲームができたことは大きな収穫であるし、その潜在的な力を引き出してくれた好敵手に感謝したい。

問題は次節。もう後戻りは許されない状況において、
今回と同じレベルの高い集中力で試合に挑むことができるか、
タマリバとしての経験が少ない選手が多いチームにとって、
大一番を勝利で終えた後の最大の試練と言えるだろう。

アーカイブ

週間カレンダー

29(月)
30(火)
1(水)
2(木)
3(金)
4(土)
5(日)

カレンダー

 2021年    |    12月 
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フォトギャラリー

カテゴリ