Topics

2008/11/9 東日本TCL決勝戦 <クラブ代表者として>

2008/11/26

東日本トップクラブリーグ(TCL)の決勝戦で対戦した駒場WMMとは、彼らの
創設以来近しい関係を築いてきました。

もとはタマリバで創世期を共にした仲間が、「学生時代の旧友たちともう
一度」「自分たちの手で創りたい」とタマリバを出て、現在の駒場の中心を
担っています。
また個人的には、学生時代のコーチとしてお世話になった方が、現在駒場の
コーチを務めておられます。

その様な関係から、これまで合同練習を頻繁に行い、練習試合でも2度対戦
しています。

駒場は昨年「東日本クラブ選手権大会」で優勝してTCLに昇格。
これまで公式戦では無敗の実績を誇り、その勢いで今年のTCLでは北海道バー
バリアンズをも倒しました。

今回の決勝戦では、駒場は10/19の対戦時とは全く別のチームであるかの様な
勝負への強いこだわりを見せました。
ディフェンスで前に出てくることと、アタックではキックを有効に使うこと
この2点を徹底していました。

試合後に聞いたところ、対タマリバ戦の大敗後にクラブ内全員で猛省して
全てを見直し、決勝戦前日には内ゲバ(レギュラー争いの紅白戦)を行った
とのことでした。

そこまでやってきた駒場は、勝負へのこだわりとチームとしての一体感を
強く感じさせました。

今後駒場とは、毎年複数回公式戦を戦うことになるかと思います。
タマリバと駒場は、ラグビーに取り組む姿勢や勝負へのこだわりという面で
近い組織であると感じています。
この両クラブが中心となり、他のクラブとも協力しながらTCLならびに
クラブラグビー界を牽引していきたいと思います。


我々タマリバクラブは、今回優勝を果たし年明け1月からの全国大会に進出
いたします。

同大会では、観ている人に感動と力を与えられるようなラグビーに取り組み
たいと考えます。

そういうラグビーはやっている自分たちも楽しめ、また普段支えてくださって
いる方々へのせめてもの恩返しになると考えます。
そしてその支えがまた、自分たちに力を与えてくれる、そのような好循環を
生み出せればと考えています。

引き続き皆様のご支援、ご声援をよろしくお願いします。

タマリバクラブ 代表 高橋清貴

アーカイブ

週間カレンダー

27(月)
28(火)
29(水)
30(木)
31(金)
1(土)
2(日)

カレンダー

 2024年    |    5月 
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フォトギャラリー

カテゴリ