Topics

激突!HKFCvsタマリバ

2006/10/04

916-17

創部120年の歴史を誇る名門中の名門クラブ、香港フットボールクラブ(HKFC)が日本遠征にやってきました。「日本のクラブチャンピオンと戦いてぇ!」とご指名受け、我々タマリバクラブと試合、となった次第です。 シーズン突入直前のチーム内セレクションを兼ねた遠征ということで、26名に絞られたメンバーが来日。一泊二日の観光無し、というハード&ストイックスケジュールでの試合日程となりました。

 

 試合自体は序盤からタマリバがスピード、パス展開で翻弄。香港キャップ保持者を数名擁するHKFCも体格で圧倒的優位に立ちFW戦に持ち込もうとするものの、タマリバが昨年から課題に挙げているダブルタックルが低いポイントで炸裂!小さな者が技術と勇気で相手を倒す、という日本ラグビーの良いところが充分に発揮された試合展開でした。

結果、「真剣」に行われたフレンドリーマッチをトライ数5-2で勝利!

 香港代表のコーチも兼任するクイントン・リグリー氏も「タマリバの防御は完璧だったぜ。あのタックルに入る根性はぜひとも見習いたいね。」と感想を述べてました。

 

HKFCは毎年3月末に独自の10人制大会を開催しており、日本からもトニー・ブラウン選手(三洋ワイルドナイツ)がNZの仲間と出場するなど、世界レベルの選手が出場する見逃せない大会。同じ週末に行われる香港7sと絡んで、その時期香港はアジア中のラグビーフリークが集うラグビーウイークを演出しています。

タマリバクラブはその大会に05年より出場、海外クラブチームとの交流にも広がりはじめたタマリバクラブに今後も応援よろしくお願いします!

 

 

HKFC遠征外伝(とある部員の独り言)

いやぁ、しかし外国人クラブチームってのは、遠征を楽しむ姿勢ってのがあんなに強烈なんかなぁ。一泊二日でラグビーだけってストイックだなぁ、と思ったけど、ビールは飲む飲む。ビール10ケース注文ってありえへんわなぁ、普通。そりゃファンクションでも飲んだけど、前の晩に7ケース空けてるやん…。

 

外国のクラブチームって遠征の度に変な仲間内ルールを決めて実行するんよね。今回の彼等のルールは「飲むときは2アイテム」。体に2アイテムしか付けちゃいけない。浴衣と帯のヤツはまだいいとして、なぜか浴衣と腕時計、とか。おいおい、帯無いし、前が全開だよ、パンツ履いてないのに。そこのヘルメットかぶってスリッパのヤツ、てっぺんと足先だけやん、身に付けてんの。(写真掲載不可!)

 

そして宴もたけなわになれば、全員で合唱。 こういう文化って悪くないねぇ。こういう奴らとじっくりまじわりたいもんやね。「annual eventにしようよ」って言ってくれたし、来年は俺達が香港に行く番かな。

 

*ちなみに、前夜大量に飲んでたやつらは怪我で試合できない選手達。注意して見てると、試合先発メンバー達はあんまり飲んでませんでした。意識、ですかね。

アーカイブ

週間カレンダー

18(月)
19(火)
20(水)
21(木)
22(金)
23(土)
24(日)

カレンダー

 2021年    |    1月 
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォトギャラリー

カテゴリ