Topics

【試合結果】 全国クラブ大会1回戦 vs 川南クラブ

2017/01/10

1月9日(月・祝)佐賀県鳥栖市・ベストアメニティスタジアムにて、
全国クラブラグビーフットボール大会1回戦vs川南クラブ(宮崎県)が
行われました。

会場のベストアメニティスタジアムはJリーグ・サガン鳥栖の本拠地。
芝の状態は最高!ロッカールーム他設備も大変すばらしいものでした。

201701111942_1-300x0.jpg
ベストアメニティスタジアム!

201701111942_2-300x0.jpg
この青々とした芝、最高です!

12:00キックオフ。
序盤は圧倒的にタマリバペース。スクラムを圧倒し、
積極的なランで川南陣奥深くまで攻め込む。
トライは時間の問題かと思われたが、川南のタックルは
戦前の情報通り激しく低く、最後の一戦を越えられない。

少しプレーに軽さが目立つタマリバ。
細かいパスを繋ごうとするがミス!チャンスを潰す。

ポゼッションではタマリバが圧倒的優位に立ちながら、
川南は効率的に得点。
比較的遠めのDGを決め先制。その後初トライも挙げ、
0-10とリードされる展開に。

201701112033_1-300x0.jpg
タマリバのモール。

タマリバも好フォローのHO石川のトライ、
この日WTBに入った丹羽の長駆トライで一気に逆転。
このまま押し切ってしまうのかと思われたが、
川南FB廣瀬(流経大OB)がカウンターアタックから
一気のランでタマリバDFを引き裂き中央トライ。
再逆転を喫してしまう。

201701112033_2-300x0.jpg
激走で川南DFを粉砕してトライを奪ったPR鈴木

前半の終盤に再度WTB丹羽が好走しトライを返す。
前半は17-17で折り返すことに。
前半で相手の戦意を奪ってしまうことを狙っていたが、
望外の結果となる。

201701112033_3-300x0.jpg
怪我も癒え、久々の出場FL荻

ロッカールームで再度意思統一しゲームコントロール
の修正を図ったタマリバ。
その成果が後半開始とともに一気に爆発。
3分No.8安部主将、5分PR鈴木とFWの連続攻撃から
一気に加点。川南の反撃の機先を制した。

201701112033_4-300x0.jpg
好カウンターアタックを見せたFB滝沢

前半は十分に機能しなかったダブルタックルが冴え、
効果的なキックでラインを押し上げ川南を背走させた。

徐々にスタミナの差が出始め、17分LO松丸、
20分SH西田のトライで勝負あり。
40分にはSO福田がダメ押しのトライを決めた。
川南の反撃をインターセプトからのトライのみに抑え、
52-24で全国初戦を飾った。

201701112033_5-300x0.jpg
MOMに選ばれたPR鈴木

前半の入りで取り切れず、相手のペースに合わせてしまった。
相手の気持ちを折るプレーが出来なかった。

やはりこの試合でも課題は生じたが、
後半の変貌で見せた修正力は大きな収穫。
負けたら終わりのトーナメント。
まずは勝利を収めたことを喜びたい。


             17 - 17
神奈川タマリバクラブ  52      24  川南クラブ
             35 -  7


次戦は1月22日(日)京都・宝が池公園運動施設競技場にて、
文の里クラブ(大阪府)との対戦です。

201701112033_6-300x0.jpg
AMFの最後に両チームでパチリ!

201701112033_7-300x0.jpg
MUSASHI社より、「NI」と「REPLENISH」の
サプリメントの協賛をいただきました!
全国大会の連覇を掲げるタマリバにとって力強い
サポートとなりました。
この場を借りて御礼申し上げます。

 

アーカイブ

週間カレンダー

20(月)
21(火)
22(水)
23(木) 勤労感謝の日
24(金)
25(土)
26(日)

カレンダー

 2017年    |    11月 
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォトギャラリー

カテゴリ